ポイントサイトのメールをGmailで効率よく処理する・・・フィルタで自動振り分けと複数アカウント

google

ポイントサイトに登録すると、登録したポイントサイトからメールマガジンが来るだけでなく、ポイントサイト経由で登録したスポンサーサイトからもメールが来ます。メルマガ登録がポイント獲得条件になっている場合には、ポイント目的でメルマガ登録するでしょう。それを繰り返していくと、1日で100通以上メールが来るようになったりもします。

そうなると、自分のメインのメールアドレスで活動していた場合、大変なことになります。

そのため絶対に欲しいのが、ポイントサイト用のフリーメールのメールアドレス。2つ以上メールアドレスを用意したいところです。用途例としては

フリーのメールアドレスの用途

googlemail-128ポイントサイト用のメインのアドレス

これはポイントサイトの登録用のメールアドレスです。登録したポイントサイトやアンケートモニターサイトからのクリックポイント付メール、アンケートのお知らせのメール受信用の、ポイントサイト用のメインアドレスです。

もしアフィリエイトなどもやるのでしたら、このメールアドレスでもいいし、他にアフィリエイト用のメールアドレスを作成してもいいと思います。

googlemail-128広告利用用のメールアドレス

ポイント稼ぎのために、ポイントサイトから無料登録案件に登録していくと、メルマガ登録が必須の条件だったりする場合もあり、かなりの量のメールが来るようになります。そこでポイントサイト用とは別に、広告利用用のフリーメールアドレスがあったほうがいいと思います。

会員登録したスポンサーサイトにも、今後の生活で役に立つサイト、二度とログインすることのないサイトが出てきます。そこで、スポンサーサイト登録用のフリーのメールアドレスは、できれば2つ以上欲しいです。

一つは今後の生活で役立ちそうなサイト登録用。もう一つはメルマガ登録しても、ほとんど見ないであろうスポンサーサイト用。ここで受信するメールはほとんど見ないと思うので、放置用のメールアドレスがあるとメール整理が非常に楽です。

フリーメールのサービスは色々ありますが、おススメなのは使い勝手がよく、機能も充実してるgooleのGmail。そしてGmailは、

login

ログイン情報入力画面の下にある「アカウント作成」から、アカウントを複数作ることができるので、Gmailのメールアドレスがすぐに複数作れて便利です。

けれど用途別にフリーメールアドレスを作ったとしても、これだけではまだメール整理を迅速には行えません。ポイントサイトやアンケートサイトを例にすると、ポイントサイトでも自分の中で重要なサイト、そうでないサイトもあるだろうし、高単価の本調査のアンケートは定員に達し次第すぐに締めきられるので、アンケートモニターサイトのアンケートお知らせメールは非常に大事です。それよりなにも、クリックポイント付メールは同じポイントサイトなら一括してメールを開いた方が楽なので、サイトごとにフォルダを作って、「振り分け設定」したほうが楽だと思います。

Gmailの振り分け設定

googlemail-128自分はGmail愛用者なのでGmailの振り分け設定の仕方。ポイントサイトごとにラベル(フォルダ)を作成し、フィルタでメールの振り分け設定をすることになります。ラベルはフィルタ設定中も作れるので、あらかじめ作っておかなくても平気です。

振り分け設定のやり方は複数ありますが、一番楽なのは、メール受信箱から振り分け設定するやり方。

huriwaketejyun2

まず、振り分けしたいメールにチェックを入れ、その他をクリックし、「自動振り分けの設定」をクリック。

huriwaketejyun3

するとフィルタ作成の画面になるので、「FROM」か「含む」に条件を記入します。「FROM」は受信したメールの送信元のアドレスが最初から記入されているので、通常は、そのまま「この検索条件でフィルタを作成」に進むばいいのですが、サイトによってはアドレスが、

「info.〇〇@xx.com」

〇〇が毎回違う場合があります。そうなると毎回違うメールアドレスで送信されてくるため、アドレスで自動振り分け設定が出来なくなってしまいます。

一番簡単な対処方法は、「含む」を使用することです。「含む」はメール本文中に、指定した語がある場合に、そのメールをまとめて振り分けてくれます。ポイントサイトからのメール本文には、通常は送信元のサイト名が入っているので、「ネットマイル」なら「ネットマイル」と「含む」に記入すれば大丈夫です。そして、

huriwaketejyun4

ラベルをつけるにチェックし、あらかじめラベルを作成していた場合は、そのラベルを選択、ラベルを作っていなかった場合は、ラベルを「新規作成」し、一番下の赤丸の「一致するスレッドにもフィルタを適用」にチェックを入れて、「フィルタ」を作成をクリックすれば、自動振り分け設定は完了。

huriwaketejyun5

これで、設定したラベルに自動でメールを振り分けてくれます。ただあまりにもラベル数が多いと、すっきりしないので、こうゆう時はラベルに親ラベルを設定するといいと思います。上記の例だと、アンケートモニターのサイトがずらりと並んでいるので、親ラベルに「アンケート」を作成しました。

親ラベルの作り方は、まず、Gmail右上部にある「設定」→「ラベル」→「新しいラベルを作成」を選択して、親ラベルにしたい、新しいラベルを追加する。

親ラベルににしたいラベルを作成したら次に、設定画面でも、GmailのTOP画面のラベルのどちらでもいいが、設定したいラベルの「編集」をクリック。

huriwaketejyun7

すると、ラベル編集画面になるので、「次のラベルの下位にネスト」のチェックボックスにチェックを入れ、先ほど作った親ラベルを選ぶと、ラベルの階層ができ、

huriwaketejyun6

このように、閉じて、親ラベルだけを表示させ、ダッシュボードをすっきりさせることができます。後は自分のスマホのメールソフト?にGmailを受信できるように設定するか、Gmailにログインするか、Gmailのアプリを使用すれば、PCでもスマホでも、ポイントサイト関連のメールをいつでもチェックできるようになり、メール整理が非常に楽になります。
けれど、サイトごとに「ラベル」をつけ、その上位に「親ラベル」を作り、メール整理をサイトごとにチェックできるようになったとしても、まだ完全じゃありません。

もし、ポイントサイトでお小遣いを稼ごうと思うなら、「ポイントサイト・アンケートサイト用」のメールアドレスと、「スポンサー登録用」のメールアドレスを使い分けたほうが、メール整理は楽と、この記事の最初の方に書きました。

これはポイントサイトだけでなく、用途別にメールアドレスを使い分ける場合全般に当てはまりますが、、Gmailは1つのgoogleアカウントに一つのメールアドレスなので、いちいちログアウトして、再び違うgoogleアカウントでログインしないと、他のメールアドレス宛のメールはチェックできません。

今回の例でたとえると、現在「ポイントサイト用のメールアドレス」でポイントサイトからのメールを整理していたが、このまま「スポンサー登録用のメールアドレス」でスポンサー登録したサイトからのメルマガを整理したいと思ったとします。そうすると、メールアドレスごとにgoogleアカウントは異なるので、いちいちログアウトして、違うgoogleアカウントで再びログインしないといけないので、あまりに不便です。

そこで次にgoogleの「アカウントを追加」の機能を使います。

「アカウントを追加」して、ログアウトせずに複数のGmailのメールを整理する

googleアカウント一つにGmailアドレスが一つのため、Gmailの複数のメールアドレスをログアウトせずに使いたい場合、googleの「アカウントを追加」の機能を使うのですが、

huriwaketejyun8

Chromeを使用している場合は、プラウザ左上にメールアドレスが表示されるのでメールアドレスをクリック、Gmail使用中の場合は、プラウザ左上の赤丸の部分をクリックし、

huriwaketejyun9

アカウントを追加」をクリックし、

huriwaketejyun10

「別のアカウント」を追加すると、

huriwaketejyun11

最初から複数アカウントでログインしていたため、最初の頃から表示されていましたが、「アカウントを追加」すると、矢印のところに別のアカウントが新たに表示されます。

新しく追加ログインしたアカウントをクリックすると、新たに追加したアカウントのメールアドレスのGmailが開き、他のアカウントのメールアドレスを同じプラウザで同時に開けるようになります。

そしてログアウトしなければ、複数アカウントでのログイン状態は維持され、いつでもメインのGmail、サブのGmailをログアウト→再ログインせずに起ち上げれまず。

このように、Gmailのメールアドレスを目的別に複数作り、「フィルタ」機能を使いメールの自動振り分け設定をし、「アカウントを追加」して複数アカウントでログアウトせずにGmailを起ち上げれるようにすれば、メールの整理は非常に楽になります。

後はポイントサイトをスマホとPCでやる場合は、PCとスマホのブックマークを同期することでしょうか。

自分はiPone+windowsでプラウザはgoogleのChromeを使用しているのでそれを前提で話を進めますが、iCloudはChromeにも対応しており、「iCloudのコントロールパネルをAppleウェブページからダウンロードし、「Chome拡張機能のiCloudブックマーク」を追加すれば、iPhoneとChromeのブックマークを同期でき、PCでもiPhoneでも同じブックマークが使えるので、ポイントサイトをスマホ・PC両方でやる場合には非常に便利になると思います。

けれど最初にブックマークを同期した時は、ブックマークに同じサイトが重複し整理に時間がかかるのが難点。その処理が終われば快適ですが。。



コメント

タイトルとURLをコピーしました