稼ぐチャンスを逃さない!ポイントアップの通知が来るハピタスのお気に入り機能

ハピタス

世間では忘年会にクリスマスシーズン、そして年末大晦日お正月とイベントが目白押し。

イベントシーズンに重なり、この時期はショップのセールが多いような気もする。

セールとは少し違うかもしれないけれど、ポイントサイトハピタスから先日お得な情報が記載されたメールが届いた。

 

ハピタスからのお得情報メール

 

ハピタスには良く利用するショップの広告を「お気に入り」に登録できる機能がある。

楽天ブックスもハピタスの「お気に入り」に追加していたが、楽天ブックスの還元率が3.6%に上がっているという内容のハピタスからのメール。

もし購入予定の本があれば、ポイントアップしている今購入すれば多くのポイントを稼ぐことができる。

 

 

Amazonでは開催予定のタイムセールの商品をウォッチリストに追加しておけば、セール開催直前にプッシュ通知でお知らせしてくれる機能がある。

 

 

Amazonのウォッチリストとは少し異なるかもしれないが、「お気に入り」に追加してある広告がポイントアップしていることを通知してくれるのは便利な機能だと思う。

 

ハピタスのお気に入り機能

 

気になる広告が表示されている画面で「お気に入りに追加」をクリックすると、ハピタスの「お気に入り」に追加することができる。

 

 

「お気に入り」に追加するとメニューにある「お気に入り」から簡単にアクセスすることができるので、よく使う広告をお気に入りに追加しておくと便利だと思う。

 

 

お気に入りの並び順は50音順や登録の新旧、利用回数が多い順等で並び変えすることができる。

試しに利用回数が多い順で並べ替えてみると、Amazon・ハピタス堂書店・楽天・Yahoo!ショッピングの順番。

総合通販ショップの3強がやはり上位に来ている中、楽天市場よりも利用回数が多いハピタス堂書店。

電子書籍端末はkindleを使っているので、電子書籍を購入する時はクラウドを無制限に使用できるAmazonで購入することがほとんど。

けれど紙の書籍を購入する場合はハピタス堂書店が得なので、Amazonよりハピタス堂書店で購入することが多い。

 

ハピタス堂書店が得な理由

 

ハピタス堂書店はオンライン書店で有名なebook Japanと提携したオンライン書店で、還元率はなんと7%(電子書籍の場合は10%)

もし2000円の本を購入した場合140円(電子書籍の場合は200円)分のハピタスポイントをもらえることになる。

そしてAmazonポイントと同じように1円分のポイントからハピタス堂書店で使用することができる。

ポイントの還元率を考えると、オンラインで書籍を購入するならハピタスが1番得だと思う。

 

オンライン書店で1番得するハピタス堂書店で本を購入してみた
若い世代の人には当たり前のことかもしれないが、ネットで簡単に本を購入できる時代になり便利になったと思う。 実際の書店よりオンライン書店を利用する回数の方が多い人も沢山いると思うが、オンライン書店で書籍(電子書籍含む)を購入する場合...

 

デメリット

ポイント還元率が非常に高くハピタス堂書店で購入するのが得だと思うが、デメリットはあると思う。

Amazonのほど利用者がいないため、Amazonと比較すると圧倒的に商品のレビューが少ないと思う。

邪道かもしれないが、レビューを参考にして買いたい場合はAmazonでレビューを見てからハピタス堂書店で購入するのがいいと思う。

 

まとめ

ハピタスのお気に入り機能からAmazonとハピタス堂書店の比較の記事になってしまったが、還元率が高いのはハピタス堂書店だけではないと思う。

楽天ブックスやhontoなどのオンライン書店の還元率を他のポイントサイトと比較すると、ハピタスは格段に高くなっている。

 

書籍(本)をポイントサイト経由で購入する場合に1番得するハピタス-ハピタス堂書店
昔から「活字離れ」と言われ、紙の書籍の売り上げは落ち続けているらしい。 けれど本をよく読む層の毎月読む書籍の冊数は昔と変わらない、という統計が出ているという記事を読んだことがある。 自分もKindleを所有していて月に1...

 

書籍を購入する場合にポイントサイトを経由するならハピタスが1番だと思う。




ハピタスについて詳しくはこちらの記事に書いています。

オンライン書店が魅力のポイントサイト・ハピタスの概要と評判
ドル箱からリニューアルしたハピタス。ハピタスの特徴はネットショッピングに非常に強いポイントサイトで、ハピタス経由ならば安心してネットショッピングできると思う。 ハピタスの概要と評判 ハピタスの概要と評判 ハピタ...

コメント