げん玉電鉄リニューアル・・・草刈り機カードで分岐マップへ

げん玉

ポイントサイトに興味がない人でも名前くらいは聞いたことがある人が多い程有名なげん玉。先日そのげん玉のモリモリ選手権がリニューアルされたが、5月19日待ちに待ったげん玉の目玉のすごろくげーむである「げん玉電鉄」がリニューアル。

リニューアル前からリニューアル後のげん玉電鉄の新機能は告知されてはいたが、実際にプレイしてみないことには何とも言えない。リニューアルの目玉である、通常のマップから分岐する「分岐マップ」というのがあるが、ひとまず分岐マップを見てみることにした。

リニューアル後のげん玉電鉄の分岐マップ詳細

gendama.sindentetu.bunkimap.map

げん玉電鉄リニューアル初日。分岐マップはどのようになっているのか?と思い、最初にマップを見てみると、「分岐マップ」の詳細を見ることが出来た。分岐マップは4種類あり、1つだけカード使用を必要とせず進める分岐マップがある。

カードを使用して入ることが出来る分岐マップには、「茂みマップ」、「採掘マップ」、「渡り船マップ」とあり、それぞれ「草刈り機カード」、「工事依頼カード」、「渡り船カード」が必要らしい。

分岐マップはゴールまで必要な「マス」が減るだけでなく、そのマップのマスを見てみると、「アイテムマス」と「ポイントマス」しかない!!

ポイントマスで獲得できるポイントはたかが知れていると思うが、げん玉電鉄を楽しむためにアイテムは必須なので、「アイテムマス」と「ポイントマス」しか分岐マップにないのはそそられる。。。

分岐マップの詳細も何となくわかったので、リニューアル後のげん玉電鉄を早速プレイしてみると、、、

リニューアル後のげん玉電鉄で「草刈り機カード」使用で分岐マップへ

リニューアル初日、カードを見てみると分岐マップに行くのに必要な「草刈り機カード」、「工事依頼カード」、「渡り船カード」が付与されていたので、分岐マップに行くのを楽しみにしながらサイコロを振ると、

gendama.sindentetu.kusakaribunnkimasu

いきなり「草刈り機カード」使用で入れる分岐マップの「茂みマップマス」。アイテム使用で勧める分岐マップへ行けるマスは、丁度止まらなくても分岐マップへ行くか選択でき、分岐マップへ進んでも、残りのサイコロの目を分岐マップで進むことが出来るらしい。初日から草刈り機カードを使用するのは勿体ない気もしたが、分岐マップを早く体験したかったので、草刈り機カードを使用して分岐マップである「茂みマップ」に進むことにした。

茂みマップに入ると、

gendama.sindentetu.bunkimap.kusakari.map

アイテムマスしかなく、早速カードますに止まった。といってもカードマスしかないが。。。一回目は

gendama.sindentetu.bunkimap.kusakari.itemmasu

「オール5サイコロ」カード。ゴールまで5マスの時やげん玉電鉄の裏ステージの「山分けマス」に止まるために必ず?マス進めるカードは貴重。そして、2日目、カードマスしかないので再びカードマスに止まると今度は、、、

gendama.sindentetu.bunkimap.itembunsin

サイコロを2個振ることができる、「分身の巻物」を入手。次は何を獲得できるか非常に楽しみだし、アイテムマスとポイントマスしかない分岐アップは非常に魅力があり、げん玉電鉄が面白くなった。

問題は分岐マップへ進むことが出来る「草刈り機カード」、「工事依頼カード」、「渡り船カード」の入手が、広告利用なしではあまりに困難だと全く分岐マップを楽しめなくなってしまうし、入手が簡単すぎても逆に分岐マスのありがたさがなくなるので、カード入手の難易度が程々だったら分岐マスはかなり楽しめると思う。。

コメント

タイトルとURLをコピーしました