アドセンスとアフィリエイトの併用に関して知らずにやってしまいそうなこと

Google AdSense(アドセンス)は他社サービスと比較してクリック単価が高く、クリック保証で稼ごうと思うならアドセンスが1番だと思う。

ただアドセンスは規約が厳しいので、アドセンスとアフィリエイトを併用していいのか?ということを以前は疑問に思っていた。

アドセンスとアフィリエイトの併用は違反?

icon-kangaeru

アドセンスだけでなく、Amazonアソシエイト・A8.ネット・アクセストレードのような他社ASPの広告も同時に利用して収入を増やしたいと思う人は多いと思う。

このアドセンスと他社アフィリエイトの併用に関することはAdSenceのヘルプ「AdSense と他の広告ネットワークを併用する」に記述されていて、

「Google 以外の広告を Google の広告と一緒に表示する方法については、いくつかのガイドラインが設けられています。アフィリエイト リンクや制限付きのテキスト リンクは一緒にご利用いただけます

ガイドラインの準拠していれば「アドセンスとアフィリエイトASPの併用は可能」と公式で記載されている。

このようにアドセンスとアフィリエイトの併用は可能で、アドセンスと他社広告を併用してサイトの収入を増やすことができる。

ただ、先日アドセンスとアフィリエイトの併用に関して、全く考慮していなかった注意点があることを知った。

アドセンスとアフィリエイトの併用に関する注意点

icon-warning

ASPのアクセストレートではアフィリエイト大学というコンテンツでアフィリエイターに向けたノウハウや最新情報のコラムが公開されている。

そのアフィリエイト大学の「AdSenseとアフィリエイトとの併用について《河井大志アフィリ論24》」というコラムに盲点ともいえる注意点が書かれていた。

アクセストレード https://h.accesstrade.net/

アクセストレードにログインしなくてもアクセスできる記事だったので記事の一部を引用すると、

「アフィリエイトをしているページ、とりわけ商品レビューのような記事がおおむね50%以上になると、アカウントが停止になることがある」

このサイトはポイントサイトに関する記述が大半で元々アドセンスを貼ることはできない。

けれどこのサイトのように、ほとんどのページが紹介ページのようなサイトはアカウント停止になることがあるらしい。

サイトやブログでアフィリエイトをしていると売り上げを伸ばそうとしてアフィリエイトの記事が中心になってしまいがち。

他サイトでアドセンスと他社ASPを併用しているが、アフィリエイトありきのサイトにならないように気を付けようと思う。

なお、引用したアフィリエイト大学の記事を書いている河合大志さんはアフィリエイト 報酬アップの絶対法則61 という著書がある。

アフィリエイトをするにあたってのノウハウや普遍的な考え方をかなり踏み込んで書かれている本。

何度も読み返せばアフィリエイトの基本的な考え方がわかるので、これからアフィリエイトをはじめようと思っている人、売り上げをさらに伸ばしたいと思っている人は一読の価値があると思う。

アドセンスが使用できない場合

このようにアドセンスのガイドラインに準拠しているならばアドセンスとアフィリエイトの併用は可能で、サイトの収益を大きく伸ばすことができる。

けれどこのサイトのようにアドセンスを利用できない場合、アドセンスの代わりにクリック保証型の他の広告ネットワークを利用すると思う。

利用したことない広告ネットワークのことを書くと意図せず誇大表現も入ってしまう可能性もあるので、使用経験のある忍者アドi-mobileを比較したいと思う。

忍者アドの特徴

ninjyaad-syuueki-216

PV数2万弱のサイトで投稿ページの記事下にしか広告を貼っていなかったので報酬は多くないが、広告の配置を最適化すれば倍以上稼ぐことはできると思う。

クリック単価を考えるとアドセンスと比較することができないが、適性に広告を配置して運用すればPV数がある程度あるサイトなら収益を伸ばしてくれると思う。

ninjyaad-graf

管理画面も非常にわかりやすく直感的に操作できるので、初めてクリック保証型の広告を利用する人にも問題なく利用することができると思う。

忍者アドについて詳しくはこちらに書いています。

忍者AdMax(アドマックス)の概要・・・クリック保証型広告で稼ぐ
忍者AdMAXの概要と評判 規約が厳しくなく、Adsenceが貼れないようなアダルトサイトでも貼ることができる 換金率20P...

i-mobileの特徴

i-mobileは忍者アドと比較すると、クリック単価が多少高いようにも思える。

またどのような広告が配信されているのか、画像付で管理画面で確認できる。

管理画面でどのような広告が配信されているのかわかるので、この広告はサイトに相応しくないと思った場合に配信停止にすることができる。、


i-mobileと忍者アドの比較

icon-hikaku

あくまで自サイトに関することだけどi-mobileの方が多少クリック単価が高いような気もする

ただ忍者アドでは468×60や728×90の以上の横長のバナーを利用する場合、スマホ用の広告をPCとは別に設置しないとスマホでは広告が完全に表示されず、はみ出る部分が切れた状態で広告が表示されてしまう。

別々にPCとスマホ用の広告を設置する必要があるので、初心者には多少難しいかもしれない。

けれどPV数がそれほど多くないサイトならば忍者アドを利用したほうがいいと思う。

PV数がそれほど多くないサイトでは忍者アドの方がおすすめの理由

icon.syousai

忍者アドは500円から収益を受け取ることができるが、i-mobileは3,000円からしか収益を受け取ることができない。

PV数が少ないサイトでは3,000円までなかなか到達しないと思う。

収益を増やそうとしたつもりが、いつまでたっても収益を受け取れず、逆にサイトを運営するモチベーションが下がってしまうかもしれない。

けれどクリック保証の広告は結局のところある程度のPV数がないと全く稼げないので、サイトを充実させてPV数を増やしていくしかないが(使命感)。

というわけで、忍者アドでは広告を適正に配置すれば月間PV数が1万程度あれば毎月収益を受け取れると思うので、それ程PV数がないならば忍者アドの方がおススメだと思う。

といいつつもこのサイトでは試験的にimobileのネイティブ広告を使用しています(笑)。